FC2ブログ

FF11:モ白でSedna、Durinn、Karkadann、モ白黒でKetea

今回はブンカールのNMを色々やってきました。
全てモ/戦(凶角、灰塵、双鎌)、白/シ(妖艶、嵐鳥、邪鬼)という状態で戦いました。
Keteaだけはモ白の2名じゃ厳しいと思ったので黒も参戦。

まずはメインクエのSedna(セドナ)です。

これは沸かせるのに2種のトリガーだけなので楽なのですが、トリガーの魚が少々面倒な相手です。
まあ元から赤弱点を狙う構成では無いので倒して運良く出るのを祈るだけですが。
釣る時に走者の薬を使っても、すぐに遠距離攻撃をしてきてスニが切れるので雑魚に絡まれてしまいます。
なので引っ張ろうとは思わずにできるだけ敵が少ない位置でやるか、安全な通路付近に来るまで待ちます。
後はまあノックバック+ヘイトリセット地獄で非常に戦い難いですが、
バウォタラをかけつつ落ち着いてケアルさえしていけば負ける相手ではありません。

そして本番のセドナですが、沸かせる時は走者の薬を使って速攻で通路まで引っ張ります。
足が速いので沸かした瞬間すぐに走り出さないとえらい事になるので注意です。
万が一雑魚に絡まれまくった場合はそのまま幽門石までいってワープしましょう。
雑魚のタゲが切れるので安心です、セドナは白がタゲを持ち、自己回復してれば余裕で耐えれるはずです。

セドナもほぼ常時ノックバック技を使ってきます。
ただしダメージは大した事が無いのでバウォタラを使っていれば脅威でもありません。
特に強力なTP技は無く、ケアルをしつつ殴ってるだけで倒せる相手です。
途中でヘイトリセットもありますが、落ち着いて挑発やWSなどでタゲを取り返しましょう。
気をつけるのはノックバックで魔法詠唱中断ぐらいでしょうか。
アイテムは青弱点をついて装備群フルドロップ、素材については1つずつでした。



次はDurinn(ドゥリン)をやってきました。

ドゥリン
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


トリガーはソウルフレア(箱から出ます)、7門近くのインプ、同じくこの近くのDvalinnからです。
Dvalinnは強くは無いですが、色々と面倒な相手となっています。
魔法詠唱中は魔法ダメージ吸収、TP技中は物理ダメージを吸収します。
しかもこちらが攻撃し続けているとTP技や魔法をこれでもかというぐらい連打されます。
正直、正確な条件はわかりませんが後ろを向くと技や魔法がストップされるのでたぶんこれかも。
注意する点はこれぐらいで、あとはモがカックルを受けたらサクリファイスをするぐらいです。

で、本番のドゥリン戦なんですが…これがまあ弱いです。
吸収される事もなく、TPや魔法連打モードも無いのでただひたすら殴ってるだけで大丈夫です。
カックルだけはサクリファイスを使っておき、後はケアルだけで大丈夫でしょう。
2戦しましたが鮮血の饗宴を使われる事は無かったのでどれだけ驚異かわかりません。
ですがまあ負ける事は無い相手だと思いました。
ドロップは青弱点を付いて装備群フルドロップ、1戦目が黄弱点付けず宝石×1、2戦目が運よくつけて宝石×3。



次はKarkadann(カーカダン)、イクシオン(正確にはモノセロスというらしいです)をやってきました。
トリガーの入手については特に特筆すべき事はありません、楽な部類です。
沸かす場所は雑魚の虎が来ない場所なので安心してやりますが、下がりすぎると虎の範囲に入るので注意です。

カーカダン
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


ランパントスタンスという技が範囲ダメージ+ヘイトリセットで、
ライトニングスピアが前方範囲にダメージなのですが、どちらも大した威力はありません。
ランバントスタンスは後ろに移動、ライトニングスピアは横に移動で回避が可能という事です。
しかし受けてみて大した事が無かったので避ける事は一切せず、そのまま殴り続けました。
位置取りだけは注意し、モは白が後ろにいる場所に陣取らないようにしましょう。
ランバントスタンスは見た目のエフェクトは範囲が広く見えますが、結構狭いです。
ヘイトリセット後はWSか挑発で取り返しましょう。

バサンダラさえしていればライトニングスピアも500~1000程度で驚異にはならず、
その他攻撃も大した威力が無いのでかなり弱く感じました。
アムネジアなど状態異常にもなりますが、敵の攻撃力が低いので白にタゲがいっても問題無いです。
後、注意する点は通常攻撃が特殊攻撃扱いなので弱点が付きにくいぐらいですね。
装備は弱点付かずにお目当てのオリゾンロケットと忍者背。



最後に三日月形のジェイド最終のKetea(ケテア)をやってきました。
前述の通りモ白黒でやりました。
このNMは命中が足りずカウンターが発生しないという状態を避けるためスシが良いです。

ラピッドモルドという技があり、これを使われると口が開いて攻撃力が上がります。
しかし代わりに防御力がかなり下がるという特性を持っています。
ラピッドモルドは相手が弱体魔法にかかってないと使ってこないとの事でしたので、今回は弱体無しで。
普段は魔法ダメージを吸収するらしいですが、魔法ダメージを与える事は無いので特に気になりません。


このNMは常時アイススパイクなので麻痺地獄に陥ります。
使う魔法はブリザガIVなどで、ほぼ全て氷系なのでバブリザラが必須となっています。
スリプガIIも使うのですが、これがかなり範囲が広いので注意しておきましょう。
後衛は魔法が届くギリギリまで離れておくといいですね。
白は主にケアル、黒はパラナを連打して戦っていきました。
敵の技で驚異なのはシニュイットラッシュぐらいですが、口が開かない状態ならさほどでもありません。
ただ弱体をいれて無いので敵の通常攻撃が多めで結構被弾しました。

一度スリプガIIを全体で被弾し、モも麻痺状態でこれはまずいという状況になったのですが、
運良く麻痺らずに聖者が使えたので無事リカバリーできました。
ドロップは青弱点を付いて装備群フルドロップ、黄は付けず素材は1つずつでした。
エクセクイガンはコルセアで使って見たかったのでドロップして良かったです。

今回のNMはレリックWSが使える武器を毎回ドロップしたので運が味方してくれましたね。
関連記事

ジャンル:オンラインゲーム / テーマ:FINALFANTASY XI

スポンサードリンク
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
PC [5] -
タグ別

■ゲーム感想
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

■ゲーム機別
プレイステーション
プレイステーション2
プレイステーション3
PSP
ファミコン
スーパーファミコン
ニンテンドー64
ゲームキューブ
Wii
ゲームボーイ
GBアドバンス
ニンテンドーDS
セガサターン
ドリームキャスト

■点数別
★20 / ★19 / ★18
★17 / ★16 / ★15
★14 / ★13 / ★12
★11 / ★10 / ★9
★8 / ★7 / ★6 / ★5
★4 / ★3 / ★2 / ★1

月別アーカイブ
リンク
カウンター
Total:
Online: