FC2ブログ

FF11:モ白でTurul、Itzpapalotl、Chloris

今回はメインクエストのNMもやってみました。
AF3+2は持って無いので素材がほしかったんですが、連戦できないので厳しいですね。

Turul(トゥルル)はアビセア-コンシュタット上空を飛んでいるアレです。
ブガードエリアによくいる感じですが、このエリア周辺を飛び回っています。
自分が見つけた時は4門に飛んですぐ目の前にいました。
モ/シ(凶角、灰塵、明星)、白/黒(嵐鳥、邪鬼、妖艶)で夜間の打弱点時に突撃。

気をつける技はフェラルペックとリービンウィンド。
カラミティウィンドという強力な技も使うらしいですが一度も使われませんでした。
フェラルペックは瀕死ダメージ+ヘイトリセット?なので速攻で回復しないとオダブツです。
ヘイトリセットっぽいのはありますが、そのまま殴ってるだけですぐタゲは取り返せるでしょう。
というか向きが変わっただけで一度も白の方にはいきませんでした。
リービンウィンドは風をまとってプレイヤーが吹き飛ばされます。
こうなるとまともに攻撃もできなくなりますが、ダメージは無いです。
なので壁を背に(なるべく凹の地形)にしておけばそんなに動く事もないので大丈夫です。
問題はケアルが届きにくくなる事ですが、風の範囲外からでも届くので落ち着いてケアルを。

後は魔法でエアロ、サンダー系の高位魔法をかなりの詠唱速度で連発されます。
ですがまあこれは明星のアートマで魔法防御を上げているので400~800程度で大した事は無いです。
重要なのがサンダーIVとサンダーVの2つで、これはトゥルルが自身に使ってHPが回復します。
回復量自体は何も問題ないのですが、以降1分ぐらい?ショックスパイクがつきます。
このショックスパイクのダメージが結構大きく、追加効果でスタンにもなるので厳しいです。
ですのでサンダーIV、Vはスタンで止めます。
詠唱がはやいので集中してないと厳しいかもしれません。
ちなみにスタンが失敗してショックスパイクがついても絶対に勝てなくなるというわけでもなく、
少し面倒な状態にはなりましたがなんとかなりました。
バサンダラがあればダメージが抑えられますが、スタンはさすがにどうにもなりませんが。
反撃ダメージがやばすぎるという場合は後ろを向いてもいいでしょう。

注意するのはこれぐらいで、後はかまえるをしつつ殴っているだけで大丈夫です。
所詮禁断エリアの相手なのでHPはそこまで多く無く、戦闘時間は短めでした。
モ白に慣れているなら問題無く勝てる相手だと思います。
青弱点をついて装備群フルドロップ。



Itzpapalotl(イツパパロツル)はアビセア-アットワのメインNMです。
このNM自体は大した事がないんですが、トリガーの大事な物を落とすTungaが非常にやっかいです。
モ/戦(凶角、灰燼、双鎌)、白/シ(嵐鳥、邪鬼、妖艶)でやりました。

TungaはチゴーNMで、恐るべき速度で土系高位魔法、ブレイク、ブレクガなどを使ってきます。
釣った瞬間に連続魔の様な速度で魔法を連射してくる事もあり、いまいちどんな設定なのかわかりません。
通常攻撃にはディスペルらしきものもついていて、スロウガを被弾するとヘイトもリセットされます。
とまあまともにやると色々と面倒なので戦闘開始直後に愚者の薬+フルアビで速攻倒す方法でやりました。
回避が高いですが、アグレッサーと猛者の霊薬でも使えば問題無く攻撃も当たるでしょう。
愚者の薬が切れても倒せない場合は石化地獄を喰らって敗北濃厚です。
愚者の薬はすぐ補給できますが、百裂拳は青色を育ててないと箱から回復できないので注意です。
まあアットワはすぐに青を育てることができるので余裕ではありますが。
そんなこんなで赤弱点は付けないので運よく大事な物が出る事を祈ります。
ライバルがいる場合は色々面倒なので大人しく帰ってました、よく死んじゃいますし。


そして肝心のイツパパですが、まず沸かす場所がワモーラが多数います。
なので事前に掃除するか、リンク覚悟で沸かせるしかありません。
いける!と思って沸かせたんですが3匹ほどリンクしちゃいました。
沸かせた瞬間にその場でガ系を詠唱されたのが原因ですね。
しかし雑魚ワモーラが来ても無視して問題無いです、3匹いてもカウンターで勝手に死んでいきました。
無理に白が寝かせたりすると逆にピンチになると思うのでカウンターのみで倒しちゃいましょう。
雑魚ワモーラに敵対心さえとらなければいくらケアルをしてもタゲが白に行くことはありません。

イツパパについてはバファイラをしつつかまえるして回復、これだけで特に何もありませんでした。
ファイアブレークは威力が高めでしたが即死級では無いのでどうということも無いです。
弱点を狙おうとしてバニシュガIIを使い、雑魚を巻き込むのだけは注意しておきましょう。
ドロップは青弱点のみをついてエースサバトンとイツパパの鱗粉、宝石、絵札が1つずつでした。
イツパパの鱗粉はいらないのでもったいない感じがしましたがポイしました。
絵札と宝石がほしいのでまた何度もやる予定ですが、毎回捨てるとなると…。



最後はChloris(クロリス)です。
特に欲しい装備は無いですが、ウルスラグナを作るのに必要な素材を落とすのでやってみました。
モ/戦(凶角、灰燼、双鎌)、白/シ(嵐鳥、邪鬼、妖艶)です。

クロリス
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


注意すべき技はただ1つ、フェイタルスクリームです。
これは範囲に死の宣告というものであり、対策でモは聖水を大量に持っておかないといけません。
白は魔法がギリギリ届く範囲ならまず被弾しないので安心しましょう。
モが被弾したらひたすらカーズナで。
後は定期的に百裂拳を使ってきますが、ボーナスタイムですね。
大量カウンターで相手のHPがゴリゴリ減っていきます。
ほとんどカウンターで返すので被ダメージも皆無、フェイタルスクリーム以外何も怖くありません。
2戦してどちらも弱点はつかずに撃破、戦闘時間は1戦3分ぐらいで終わるでしょう。
ドロップは2回ともクロリスの双葉が2個出ました。
とりあえず第一段階までは作れそうですが、トリガー取りが面倒なので続けるか悩みます。


そういえば調子にのってグラヴォイドにも挑戦したのですが負けました。
半分ぐらいは削れたんですがディスゴージで3000ピッタリ被弾して消し飛びましたね。
HPMAXなら耐えられたんですが3000切ってた時に来たのでダメでした。
運が良ければまあ勝てる事もあるんじゃないかなとは思いますが、もうやらないと思います。

トリガーが揃ったので、今度はオセロットグローブ目当てでEccentric Eveに挑戦しようかと思います。
関連記事

ジャンル:オンラインゲーム / テーマ:FINALFANTASY XI

スポンサードリンク
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
PC [5] -
タグ別

■ゲーム感想
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

■ゲーム機別
プレイステーション
プレイステーション2
プレイステーション3
PSP
ファミコン
スーパーファミコン
ニンテンドー64
ゲームキューブ
Wii
ゲームボーイ
GBアドバンス
ニンテンドーDS
セガサターン
ドリームキャスト

■点数別
★20 / ★19 / ★18
★17 / ★16 / ★15
★14 / ★13 / ★12
★11 / ★10 / ★9
★8 / ★7 / ★6 / ★5
★4 / ★3 / ★2 / ★1

月別アーカイブ
リンク
カウンター
Total:
Online: