FC2ブログ

FF11:モ白でIratham、Sippoy、Kutharei、Lacovie他NM

Lv85キャップの時でもやれるという事でしたが、自信が無かったのと
カトゥラエはPOPするまで時間もかかるので挑戦しようとも思ってませんでした。
しかしキャップも外れ、アートマも3つ付けられる今なら楽勝だろうと行ってみました。
何よりPOP待ちがほぼ無いのがうれしい…。

最初に、シポイだけはキノコ型紙NMをやってる時に沸いてたのでLv85の時でも倒せました。
ダークエアリビズメ以外はほんと大した技も使ってこないので、
カトゥラエの中では1番弱いんではないでしょうか。
かまえるをしつつただひたすら殴ってるだけでした。
といっても2ヶ月近く前に倒したのであまり細かい内容は覚えていません。

薬品は敵のHPが2~3割ぐらいになったら連撃の仙薬、侠者の霊薬を使って百裂拳で効果が切れる前に成敗。
サポはキノコNMの弱点付く用に忍でしたがシポイだけを狙うならサポ戦がいいと思います。
麻痺とスロウも入りましたが、白の弱体スキルだとレジストばかりでしたね。
Lv90の現在なら白でも弱体は普通にはいりそうです。




そしてここからは全部Lv90での討伐です。
アートマは全てモ/戦が灰塵、凶角、双鎌で、白/赤がアートマ2つなので嵐鳥と邪鬼。
モの装備は大した物は無く、当然黒帯もありませんがAF3+1の頭と脚、かまえる効果アップのAF2両足。
あとモクシャの合計値は最高値の50以上にしています。
白の装備はケアルVで1100近く回復するぐらいの装備です。


イラタム(Iratham)はタロンギの幽門石#07の山周辺を徘徊しています。
満月と十三夜、十六夜は沸く制限が無く、これ以外の月齢はヴァナディール時間で21:00に沸くとの事。
昔は満月の時しか出現しなかったようですが、今は関係無く沸いてました。
とりあえず7時に沸いてるのは確認できました。

イラタム
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


戦い方はいつものようにかまえるをしつつひたすら殴るだけ。
白はディアII、スロウ、パライズを入れつつ回復してるだけですね、パライズで結構麻痺ります。
バーサク、インピタス、アグレッサーを最初から使い、ついでに猛者の霊薬も使用。
注意としてはディスペルでかまえるを消される事だが、消されても案外どうという事も無し。
バ系は氷系がきついのでバブリザラにしてました。
シャドウレックは白が当たらないようにモとイラタムに魔法が届くギリギリの位置がで。

イラタムはバリア時に魔法攻撃力が2倍になるとの事でしたが、沸いてからすぐだった所為か
一度もバリア状態にはならなかったのでなんの苦戦も無く5分かからずに撃破。
バリア状態にならないならそうそう負けるとは思えませんね。
ドロップはメリディアンリングとアクィラインベルトです。

お目当てのティマリジョシャンが出なかったのでまたヴァナ翌日にチャレンジ。
また同じく7時ぐらいに沸いてたので釣り、そのまま勝利。
ちなみに2度目もバリアはしてきませんでした。
そして今回のドロップはアクィラインベルトのみ…。
戦って思ったのは白のサポがなんでも良さそうなので次はシにします。



次にラコビ(Lacovie)をやってきました。
目的は当然ゴウドベルトなので、弱点を突く為に事前にTP貯め。
モも片手棍を装備し、当然白も唯一モが使えないヘキサを準備。
ジャッジメントはモがサポ戦なら使えます。

ラコビ
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.



事前にトリガーをモと白どちらも揃えていたので早速沸かしてWSを実行。
片手棍はダメージが低くタゲをガッチリできないので挑発も定期的に使っておきましょう。
モはいつものようにかまえるを使い、敵が土属性攻撃ばかりなので白はバストンラを忘れずに。
弱体はパライズが入り、結構麻痺ってくれますので忘れずに。
運良く片手棍のWSで青弱点をつけたのでそのまま格闘に武器を変え戦闘。

途中で何度もインビンシブルを使って魔法を多用してきますが大したダメージはありません。
白は当然距離をとって敵の技や魔法を被弾しないように。
敵の技で1番やっかいなのは複数強化を消すトータスソング。
シェルやバストンラ、かまえるなどを消されるので強化魔法はすぐにかけ直しましょう。

HPが半分?ぐらいになると魔法が範囲化しますので、空蝉でも貫通されるのでサポ忍の方は注意。
空蝉をはっても被弾するので無駄になりますのでやはりサポ戦がオススメ。
さらにインビンシビルにヘイトリセットが付くので白に突撃していきます。
ここであせらず挑発、もしもタゲが白のままでしたらそのまま白はマラソンに移行。
敵は魔法を連打し、移動も遅いので余裕です。
万が一負けるとしたら、この時に白がブレイクをくらって石化するパターンでしょうか。
まあその場合はモが聖者の薬を使ってうまくリカバーすれば大丈夫です。
ブレイクも範囲かされてるので両方石化したらどうしようもありませんが。

石化さえしなければ負ける要素も無く、10分かからずに撃破。
ドロップは青弱点をついてヒーローガレアと雑賀鉢巻。
まあ一発でお目当てのゴウドベルトが出るとは思えなかったので、そのまま青弱点時間の内にもう1戦。
同じように青弱点を突いて倒しましたがドロップは先ほどと同じ…グヌヌ…。
ラコビも今度は白がサポシにしておこうと思いました。
トリガー取り面倒ですね。



クタレイ(Kutharei)はアビセア-ミザレオの幽門石#07に飛んですぐ脇にある扉の奥にいます。
放置されてたので本当に沸きやすくなってるんですね~。

クタレイ
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


戦い方は…いつものです。
弱体はスロウ、パライズが入るのでいれておきましょう。
あまり特筆すべき事がありませんが、ただ1つバナレットチャージがやっかいです。
…やっかいなんですが一度も使用されずにそのまま撃破。
実際受けてから負けても対策煉ろうと思ったんですがその必要もありませんでした。
HPが1になり、さらにヘイトリセットという凶悪な技のですが使われないと余裕でしたね。
敵のHPが2~3割になったら無敵薬を使って百烈でもすればさらに楽なのではないでしょうか。
ドロップは100%のジョブアクセのみ。




いずれのNMもLv90+アートマ3つなら事故って負ける事があるにしても普通に勝てる相手だと思います。
ヤーネイはベシージャベインの凶悪性能を見て挑戦する気もしませんでしたが、
抗テラー薬を使ったり、クタレイと同じく使われる前に倒せそうなので今度やってみます。
予想ですがたぶん勝てるんでは無いでしょうか。


ついでに同じ構成でミザレオの鉄巨人もやってきました。
この敵はかまえるが効果が無いのでそのままバーサク、インピタスをしつつ殴り。
敵の技はバリスティキックで瀕死+ヘイトリッセット+装備はぎ取り&30秒ぐらい装備変更不可です。
モがマクロで装備を瞬時に切り替えられるようにしておくと楽でしょう。
バリスティキックを受けたら白に向かって行くと思うので回復をもらったら挑発ですぐ取り返し。
バリスティキックのログが見えて1秒ぐらい空けてケアルを飛ばせばなんて事はありません。
特に危ない場面も無くそのまま撃破、ドロップは100%のジョブアクセのみ。


後はアビセア-アルテパのLong-Barreled Chariotも同じ構成で。
まず釣った瞬間にホーミングミサイルが飛んできて被弾するとHPが瀕死状態になりました。
が、何度かこのNMをしたんですが投擲で遠くから釣れば最初のホーミングミサイルを回避可能。

他の技はいつもの戦車の技で範囲バインド、範囲麻痺の技のみ。
といってもホーミングミサイルの割合がかなり高いですが。
この技はヘイトリセットもついているので発動後に挑発でタゲを固定しましょう。
最初のホーミングミサイルは瀕死までHPが減りますが、以後は500~1000ぐらいHP残るので即死は無いですね。
いつもの様に殴って回復してるだけで撃破でジェイドを一発で入手。

ついでに青弱点を突こうと思って片手棍からやったんですが少々面倒でした。
回避が高めなのでスシがオススメです。
あとホーミングミサイル後のヘイトリセットでタゲが白に行くと挑発してもケアルで剥がれない事も。
それでもなんとかなるもので、青弱点を突いて倒す事2回。
ドロップはどっちもオリゾンピアスとアイスパがついてるクゥイスの2つでした。
関連記事

ジャンル:オンラインゲーム / テーマ:FINALFANTASY XI

スポンサードリンク
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
PC [5] -
タグ別

■ゲーム感想
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

■ゲーム機別
プレイステーション
プレイステーション2
プレイステーション3
PSP
ファミコン
スーパーファミコン
ニンテンドー64
ゲームキューブ
Wii
ゲームボーイ
GBアドバンス
ニンテンドーDS
セガサターン
ドリームキャスト

■点数別
★20 / ★19 / ★18
★17 / ★16 / ★15
★14 / ★13 / ★12
★11 / ★10 / ★9
★8 / ★7 / ★6 / ★5
★4 / ★3 / ★2 / ★1

月別アーカイブ
リンク
カウンター
Total:
Online: